レポート詳細

2011/06/29

レポート名
【販売レポート】マンスリーリサーチレポート:2011年6月調査
販売価格
30,000円(税別)※消費税は別途申し受けます
備考
〔調査概要〕
 ・調 査 期 間  2011年6月1~13日
 ・対 象データ月  2011年5月分
 ・調査サンプル数  213
 ・調 査 方 法  WEBアンケート
 ・調査 実施機関  株式会社ネグジット総研 MMPR事業部

〔回答者属性〕
 ・薬剤師リサーチモニター 213名
 (内訳)
 ・性     別  男性:115名 女性:98名
 ・年     代  20代:24名、30代:100名、40代:67名、50代:18名、60代以上:4名
 ・勤 務 先 区 分 保険薬局:162名、病医院:47名、ドラッグストア:4名

〔調査結果・トピックス〕 2011年6月調査 先月、印象に残った製品:概要

● 「5月の製品印象」は、3月、4月とトップの「チラーヂン」が3.8%と減少し、前回調査2位の
  抗凝固薬「プラザキサ」が9.4%でトップとなった。
  回答理由については、
 「ワーファリンに比べ、制約が少ない」「モニタリングが不要」など評価する意見がある一方、
 「吸湿性が高く、一包化できない」、「臨床的には効果があるが、かなり使用できる患者が限ら
  れてくる」などの回答も見受けられ、プラス評価の多かった前回に比べ意見が分かれる結果と
  なった。

● 抗認知症薬「メマリー」「レミニール」も引き続き上位に挙げられており、「レミニール」は、
  新規処方の増加、また「メマリー」は発売前の問合せなどが主な理由に挙げられている。
  「チラーヂン」「レナジェル」「エンシュア」「モーラス」については、在庫不足や輸入品
  対応などの理由により、引き続き震災の影響を受けた結果となっている。  

〔その他調査設問一覧〕
 Q1.先月、印象に残った製品をお答え下さい。
 Q2.Q1で回答された製品はどのような理由で印象に残っているのでしょうか。
    回答された理由をお答え下さい。
 Q3.患者さんから薬に対する問い合わせ、苦情、副作用の訴えなど記憶に残っている製品に
    ついてお答え下さい。
 Q4.Q3でお答え頂いた製品の、記憶に残っている内容についてお答え下さい。
 Q5.患者さんに説明する際に苦労した、困った製品についてお答え下さい。
 Q6.Q5でお答え頂いた製品の、患者さんに説明する際に苦労した、困った内容に
    ついてお答え下さい。
 Q7.処方薬以外のことで患者、OTC購入者から相談、問い合わせのあった内容について
    教えてください。
    Ex)疾患、OTC、サプリメント、健康食品及び健康、病気に関するテレビ番組、
       雑誌、製薬企業のテレビCM、新聞広告など
 Q8.今月初めてジェネリックに変更した先発品をお答え下さい。

マンスリーリサーチレポートご購入をご希望の方は、下記の商品一覧よりお進みください。