レポート詳細

2013/12/03

レポート名
【販売レポート】マンスリーリサーチレポート:2013年11月調査
販売価格
70,000円(税別)※消費税は別途申し受けます
備考
〔調査概要〕
 ・調 査 期 間  2013年11月1日~15日
 ・対 象データ月  2013年10月分
 ・調査サンプル数  409 
 ・調 査 方 法  WEBアンケート
 ・調査 実施機関  株式会社ネグジット総研 MMPR事業部

〔回答者属性〕
 ・薬剤師リサーチモニター 409名
 (内訳)
 ・勤 務 先 区 分 保険薬局:276名 病院・診療所・クリニック:133名

〔調査結果・トピックス〕
 ・2013年10月、薬剤師が患者さんから「薬の問合せ、苦情・副作用の訴え」で記憶に残っている
  製品は、「リリカ」(2.4%)が最も高く、次いで「ディオバン」(1.7%)が続く。
  「説明に苦労した、困った製品」は、「シムビコート」(2.2%)が最も高く、次いで
  「ディオバン」(1.2%)が続く。
 ・2013年10月、薬剤師がドクターから聞いた「製品見直し(増減)」の意向は、「ディオバン」
  「リバロ 」(2.9%)が最も高く、次いで「アジルバ 」(1.2%)以下3製品が続く。
  「ドクターに情報提供した製品」は、「アジルバ」「クラビット」(1.0%)が最も高く、次いで
  「アドエア」(0.7%)以下8製品が続く。
 ・2013年10月、薬剤師が参加した「製薬企業勉強会(主催・共催)」は、「第一三共」(3.7%)
  が最も高く、次いで「ファイザー」(2.9%)が続く。
  「新たに知り得た製品知識」は、「ロキソニン」(0.7%)が最も高く、次いで
  「アムロジピン(一般名)」(0.5%)以下9製品が続く。
 ・2013年10月、「今後、後発品の使用がより進むと薬剤師が思う先発品」は、 「アレグラ」
  (6.4%)が最も高く、次いで「リバロ」(5.6%)が続く。

※2013年11月調査は、2013年10月の動向調査の結果です。


〔調査設問一覧〕
(患者対応)
【問】前月、患者さんから薬に対する問い合わせ、苦情、副作用の訴えなど記憶に残っている製品とその
   内容について、一つ教えてください。
【問】前月、患者さんに説明する際に苦労した、困った製品とその内容について、一つ教えてください。
【問】前月、受診勧奨をした疾患(治療法)について、該当するものをすべて教えてください。

(医療機関動向)
【問】前月、現在処方されている製品の見直し(増減)について、ドクターから聞いた製品・
   見直し理由、ドクターの意向について、具体例を一つ教えてください。
   ※直接聞いた内容、間接的に聞いた内容を問いません。
【問】前月、貴施設でドクターに対して行った製品に関する情報提供、採用に関して提案した製品を一つ
   教えてください。
   ※患者からの要望、疑義照会、後発品への変更に関する情報提供など
【問】前月、ドクターから受けた「医薬品に関する問い合わせ」について、最も印象に残っている内容を
   具体的にお答えください。
   ※直接的に問合せのあったもの、他の方に問い合わせがあったものを問いません。

(製薬企業動向)
【問】前月参加された、製薬企業主催または後援の勉強会に関して、その製薬企業名を教えてください。
   ※複数の勉強会に参加された場合は相対的に良かったと思われるものを一つ教えてください。
   ※参加がない場合は、「参加なし」とお答えください。
【問】上記設問で回答された勉強会について、評価を教えてください。
【問】前月、新たに知り得た製品に関する知識で、他の薬剤師の方と共有しておきたい内容を一つ
   教えてください。
【問】上記設問で、ご回答された知識の入手元について該当するものすべて教えてください。
   <複数選択肢型>

(スポット調査)
【問】貴施設で、今までより後発品の推進がより進むと思う先発品を、一つ教えてください。
   ※後発品の増加割合が0~数%程度を含め、貴施設で相対的に増加すると思う先発品を
   お答えください。

マンスリーリサーチレポートご購入をご希望の方は、下記の商品一覧よりお進みください。