• トップ
  • プレスリリース
  • 【薬剤師マンスリーリサーチ】2011年5月調査結果 前月(4月)印象に残った製品「プラザキサ」が前月結果より4.4%増

プレスリリース

2011/06/03


薬剤師マンスリーリサーチ:2011年5月調査結果 
新薬「プラザキサ」 プラス評価により先月結果から4.4%上昇


前回、震災の影響による供給不足を理由に前月(3月)印象に残った製品として上位となった「チラーヂン」(41.1%)
「エンシュア」(6.2%)については、状況の改善により割合は大きく減少している。

3月に薬価収載された「プラザキサ」「メマリー」「レミニール」がそれぞれ上位を占め、中でも抗凝固薬「プラザキサ」は、
先月の回答理由として多かった「新薬に対する期待感」から、「INR検査が不要」「食事の影響を受けない」など
より具体的なプラス評価の印象へと変化がみられる結果となっている。

◆ 詳しくはこちら〔PDF〕

◆ レポート詳細はこちら