プレスリリース

2014/09/11

  〔独自調査〕 2014年6月発売 ディオバン後発医薬品に関する採用実態調査

 


ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法について、
全体のおよそ半数が「店舗の裁量で銘柄選定」と回答

医療経営コンサルティング、薬剤師を対象と したプロモーション及び調査を行なう株式会社
ネグジット総研(兵庫県神戸市 、代表取締役社長 八田 光)は、この度、「2014年6月発売 ディオバン後発医薬品に関する採用実態調査」(以後、本調査)を実施、調査結果を公開いたしました。
 

 

 ■ 調査結果・トピックス 


調査目的 : 薬剤師のディオバン後発医薬品に対する製品選定実態について把握すること。
調査方法 : インターネット調査
調査対象 : 保険薬局勤務の薬剤師
有効回答数 :ディオバン後発医薬品を備蓄する保険薬局の管理薬剤師、経営者・幹部:205名
調査期間 : 2014年7月10日~8月4日
調査機関 : 株式会社ネグジット総研  薬剤師調査MMPR

 

 ■ 調査概要 


● ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法は、全体のおよそ半数が
 「店舗の裁量で銘柄選定」と回答

● ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法は、店舗規模別では「備蓄銘柄を
    会社として決定し、指示通り店舗が備蓄した」が単店では15%に対し、31店舗
    以上では36%と増加。店舗規模が大きくなるほど、会社の裁量が大きくなる傾向
    が表れている。


 

 ■ 集計結果


 

ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法は、
全体のおよそ半数が「店舗の裁量で銘柄選定」と回答

 

 

ディオバン後発医薬品の銘柄選定した方法として、もっとも近いと思う回答について調査したところ、全体のおよそ半数が「店舗の裁量で銘柄選定」であると回答。一方「備蓄銘柄を会社として決定し、指示どおり店舗が備蓄した」については、30%という結果となりました。

【質問1】 ディオバン後発医薬品の銘柄選定した方法として、もっとも近いと思う回答を選択してください。

 

graph-1_2.png




 


ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法について、店舗規模別では
規模が大きくなるほど、会社の裁量が大きくなる傾向が表れている。


 

ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法について、店舗規模別では「備蓄銘柄を会社として決定し、指示通り店舗が備蓄した」が単店では15%に対し、31店舗以上では36%と増加。一方で「店舗の裁量で銘柄選定した」が単店では80%に対し、31店舗以上では13%と縮小し、店舗規模が大きくなるほど、会社の裁量が大きくなる傾向であることがわかりました。

【参考】店舗規模とのクロス集計:単位(%)
 

graph-2-450x383.png

 

◆ プレスリリース詳細はこちら 〔PDF〕 

 

 ■ レポートのご提供について

   2014年6月発売ディオバン後発医薬品に関する採用実態調査
     販売価格:50,000円(税別・送料込)

    無料の暫定版レポートをこちらからダウンロードできます

  https://entry.mmpr.jp/form/31274-1151/

 

  <設問内容>  ※ 調査結果1について、本資料で紹介しました。

回答者属性           
1.保険薬局薬剤師   店舗グループ規模
2.保険薬局薬剤師   店舗立地/後発医薬品調剤体制加算/処方箋枚数
調査結果             
1. ディオバン後発医薬品の銘柄選定方法
2. ディオバンの処方記載形式割合
3. ディオバン後発医薬品の調剤割合
4. ディオバン後発医薬品の変更方針
5. ディオバン後発医薬品の採用検討メーカー
6. ディオバン後発医薬品の第1推奨メーカー
7. 採用検討メーカーが第1推奨メーカーになる割合(クロス集計)
8. 第1推奨メーカーの決め手
9. 第2推奨メーカー
10.第2推奨メーカーの決め手
11.推奨メーカーを決定した具体的なポイント
12.第1推奨メーカーの訪問頻度
13.第1推奨メーカーMRの訪問の特徴・活動(1) … 自分への理解、誠実・公平・公正
14.第1推奨メーカーMRの訪問の特徴・活動(2) … 接触頻度
15.第1推奨メーカーMRの訪問の特徴・活動(3) … 具体的な情報提供
16.第1推奨メーカーの訪問頻度(クロス集計)
17.第1推奨メーカーMRの訪問の特徴・活動(クロス集計)

             補足     *自由回答の詳細は別紙「2014年6月発売 ディオバン後発医薬品に関する採用実態調査‐自由回答‐」に記載

詳細は、こちらから≫≫    ( http://mmpr.shop-pro.jp/?pid=80384939


   薬剤師調査MMPR(メディカル・マーケティング・プロモーション・リサーチ)では、薬局・薬剤師を
   対象に後発品や企業イメージ、製品使用状況など幅広く調査を実施しております。
  

 ■ 会社概要・お問合せ


【薬剤師調査MMPR】について

薬剤師調査MMPRは、マネジメント薬剤師*1のためのナレッジ共有サイト「MMPR」にて、
薬剤師へのアンケート調査等を実施するサービスです。( https://monitor.mmpr.jp/
 
「MMPR」は、各薬剤師が保有する知識、ノウハウ、経験を収集し、生産性向上に役立つ情報として、
「薬剤師3分トピックス」「管理薬剤師ラボ」「後発品評価/検索」「コラム」などのコンテンツを提供して
います。会員数は9,000名を超え、管理薬剤師や店舗、チームを管理・運営する立場の薬剤師や、
そのポジションを目指す薬剤師のためのサービスです。
 
(*1:マネジメント薬剤師とは)
管理薬剤師及び、店舗、チームを管理・運営する立場の薬剤師またはそのポジションを目指す
現場薬剤師を意味しています。

【会社概要】

会社名    : 株式会社ネグジット総研
代表者    : 代表取締役社長 八田 光
設 立    : 1977年9月28日
所在地    : 兵庫県神戸市中央区江戸町85-1 ベイ・ウィング神戸ビル5F
事業内容: 企業経営・医療経営の総合コンサルティングサービス
U R L: http://www.nextit.co.jp
 
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ネグジット総研 MMPR部 担当:森元、山下
TEL        :(078)393-2162
FAX        :(078)393-2180
E-mail    :mmpr@yakuzaishi-di.net